「関節痛」徹底ガイド

関節痛で悩んでいる方に

関節痛とは、体の関節に痛みがおきる病気(症状)のことですが、
程度の差異はありますが、年をとると多くの人が悩まされる病気のひとつです。

 

膝の関節が痛くなり、階段の昇り降りや歩くのが辛くなったり・・・
また、通称四十肩、五十肩と呼ばれる肩の関節痛で腕が上がらなくなったり・・・

 

動けなくなる程ではなくても、多少の痛みは感じるという人も多くいます。

 

特に足の関節痛は、運動に支障をきたすため、体力の低下が進み、思わぬ重病に発展することもあります。
また、定年退職後に旅行などを楽しもうと思っていた方が、関節痛になり思ったように歩くことが億劫になってしまった・・・
なんて話もよく聞きます。

 

関節痛は、重症になってからでは遅いのです。

 

できるだけ早いうちに、その症状に気づき、もし、関節痛が疑われるなら、早めに病院を受診されたり、生活環境を改善したり、サプリメントや治療薬を飲んだりという早期の対策が重要です。
そのためにも、まずは「関節痛」がどういうものなのか理解しておかなくてはなりません。

 

当サイトでは、そんな関節痛についての情報をできるだけわかりやすく解説するように努めています。

 

関節痛についての基礎知識を深めると同時に、どのような対策をしていけば考えるきっかけになれば幸いです。


関節痛に悩む人はどんどん増えています

では実際に関節痛に悩んでいる人は、どのくらいいるのでしょうか?
厚生労働省の調査によると、関節痛の傷みを訴えている人は全国で150万人以上で、病院への外来患者数も糖尿病を抜いて5位になっているとのことです。

 

一般的にはアクティブで若い高齢者が増えているとは言いますが、その反面、関節痛に悩み、もっと行動的に動きたいという気持ちも高まっているのかもしれません。

 

男性と女性の比率では女性の方が悩みを抱えている場合が多くなっています。
これも生活習慣によるものでしょうか?
男性はやはり通勤などで、足を使うことが多いので、特別な運動をしなくても筋肉が鍛えられていることが多いのですが、女性で専業主婦の場合などは家事などの負担があるにしてもどうしても運動不足になりがちです。
この辺の生活習慣の違いが関節痛の原因にも大きくかかわってきているのでしょう。

 

関節痛が実際に発症してくるのは50代の半ばくらいが多いのですが、痛みを感じてからケアをするのではなく、30代、40代になったことから、日常生活で運動をしておくことが大切です。
体を動かし、筋力を付けておけば、関節痛に悩まされる確率は大きく減ってくるでしょう。

 

なかなか運動をする機会がない方でも、ウォーキングや柔軟体操、また散歩でもいいので普段から体を動かすように習慣を付けたいものです。

 

関節痛におすすめのサプリメント

当サイトでも詳しく解説していますが
「関節痛に効果的なサプリメント」
病院に行くほどではないが、少し関節の痛みが気になりだした・・・という人は
やはり、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントがおすすめです。
昔に比べて、今は多くのメーカーがグルコサミンのサプリメントを開発し、商品が多数販売されていますので、価格や評判などによっていろいろと選択することも可能です。
価格の差違はありますが、たいていは1ヶ月分3,000円〜5,000円位で購入できます。

 

グルコサミンの商品をいろいろ比較して探してみたい方には、各社の特徴を比べて紹介している以下のサイトが便利です。
グルコサミンの比較サイト
参考にしてみるといいでしょう