膝関節痛について

膝関節痛とは?

膝が痛い場合は関節痛の疑いがありますが、大抵の場合は変形性膝関節症と診断されることになるでしょう。
原因としては年齢の高まり、膝の故障を挙げることができます。

 

変形性膝関節痛の原因の中には年齢の高まりがあるのですが、具体的な年齢としては40歳以上の人に多くいます。
また、男性と女性のどちらに多いかということが気になるかもしれませんが、
これはあまり差がないように思えるでしょうが、女性の割合のほうがかなり高いのです。

 

それから、変形性膝関節症は突如として状態が悪化するということはありません。
基本的には長い年月をかけて少しずつ悪化していくという特徴があるのです。

 

症状としては膝の痛みがまず挙げられますが、関節水腫といって膝の中に水が溜め込まれる症状が引き起こされる人もいます。
また、O脚の人によくある症状なのですが、関節が変形しO脚の状態が悪化するような人もいるのが変形性関節症の特徴といえます。

 

膝の故障が原因となる二次的な変形性関節症ならともかくとして、加齢が原因といわれると特に対策もせず誤魔化し誤魔化し生活しようとする人がいます。
しかしながら、我慢しているだけで状態が良くなるというとそうではありませんし、膝をかばうことで他の部分に負担をかけてしまうことにもなりかねませんので、
放置するのは良くありません。
場合によっては手術を必要とすることもありますので、なるべく状態が悪くならないうちに医療機関に相談しに行ったほうがいいでしょう。