子供の成長期に出る関節痛について

子供の成長期に見られる関節痛とは?

子供が成長期に悩まされることの多い関節痛ですが、これはよく成長痛という言い方がされます。
しかしながら、正しくは骨端症といい、運動をしている子供によく見られます。

 

骨端症が発生する部位に関してですが、最も有名なのが膝です。
膝に起こる関節痛の場合はオズグッド病というのですが、他にも踵や腰の骨端症になる子供もいます。

 

成長している証拠としてあまり深刻に捉えられないことが多いのですが、これはあまり良くありません。
とりわけ腰の骨端症の場合、スポーツをしている子供に引き起こされることは珍しくありませんが、
体にかかる負担が大きいため病院に行ききちんと診てもらったほうが良いでしょう。

 

それから、スポーツをしていると避けることができないと思われがちですが、
原因としては成長期の年頃だということだけではなく、体を酷使していることが考えられます。
そのため、何かスポーツをしている子供に関しては、練習量を調整したり、練習の仕方を考慮したりすることが求められるでしょう。

 

なお、成長期の子供の骨端症の原因としては、ストレッチをきちんとしていないことも指摘されています。
正しいやり方を把握し、関節痛に悩まされないように実践していきたいところです。

 

また、成長期の子供の関節痛は、ひどい場合は普通に歩行するだけでも痛みが伴う場合があります。
この場合にはスポーツをすることをいったんやめ、病院に相談することが大事です。
その上で適切な処置をし、状態が良くなってきた時点で徐々に運動を再開する必要があるでしょう。